SWELLをレビュー!評判の高さ・ネット上の口コミはほんと?

記事内にプロモーションを含む場合があります
SWELLをレビュー!評判の高さ・ネット上の口コミはほんと?
初心者さん

SWELLを買うか悩んでる…ネットの口コミはほんとかな

このような悩みを解決します。

結論から言うと、SWELLは購入して損のない素晴らしいテーマです。

一度利用するとほかのテーマに戻れなくなります。

はじめにSWELLについて解説し、次に口コミやレビュー、メリット・デメリットを紹介。

この記事を読めば、SWELLが自分に合うか判断できますよ!

SWELLの購入方法はこちら

プロフィールカード

\国内人気No.1/

目次

WordPressテーマ「SWELL」とは

WordPressテーマ「SWELL」

「SWELL」は使い心地を追求した、WordPress専用のブロックエディター。

プログラミング知識も必要なく直感的に操作できるので、初心者でもオシャレなブログがかんたんに作れます。

商品名WordPressテーマ SWELL
販売価格¥17,600(税込)
一括。月額や年額ではありません。
支払い方法クレジットカード(VISA / Master / AMEX / JCB)
※銀行振込不可
ライセンスライセンス制限なし(100% GPL
対応ブラウザEdge / Chrome / Firefox / Safari
販売元株式会社LOOS
SWELLの概要

SWELLの口コミ・評判

XでSWELLの口コミ・評判をチェックしたので、いくつか紹介します。

ネガティブな声

SWELLのネガティブな口コミ・評判です。

スクロールできます

ネガティブな口コミまとめ

  • 価格がやや高い
  • クラシックエディター使ってた人は慣れるまで大変
  • 操作がむずかしい
  • SWELLの専門用語に慣れない・・・

ポジティブな声

SWELLのポジティブな口コミ・評判になります。

スクロールできます

ポジティブな口コミまとめ

  • やりたいことがサクサクできる
  • 表示速度が速い!
  • ブロックエディター使いやすすぎ
  • 嬉しい神アップデート
  • 直感的に操作できる!
エイタ

SWELLに関して気になることがあれば、Xで「SWELL 〇〇」と検索

AFFINGER6との比較はこちら

SWELLのレビュー

私は2023年9月に「AFFINGER6」からSWELLに移行しました。

結論から言うと移行して良かったです。

理由

  • バツグンの使いやすさ
  • ブロックエディターを直感的に操作できる
  • 他テーマからの移行もかんたん

バツグンの使いやすさ

まず何と言っても、SWELLはバツグンに使いやすいです。

AFFINGER6から移行し、とくに「使いやすい」と感じた機能は2つ。

  • 関連記事ブロック
  • ブロック下の余白

関連記事ブロック

SWELLの関連記事機能

関連記事ブロックを利用すれば、内部リンクの貼り付けがかんたんにできます。

こんな感じ!(ブログカードにもできる)

何が良いって記事タイトルを書き換えると、設置した関連記事ブロックも自動で書き換えられるんです。

つまり、内部リンクを設置した記事を探し、手動でタイトル変更する必要ありません。

関連記事ブロックがあるおかげで、かなり時短になっています。

ブロック下の余白

SWELLのコンテンツ下余白機能

ブロック下の余白量を0〜6emで設定できます。

AFFINGER6ではブロック下に余白を入れる場合、「スペーサー」を使っていました。

わざわざブロックを呼び出すのも面倒ですし、たまに使うのを忘れてしまうんですよね。

その点、SWELLではブロック下の余白がツールバーで直接入力できるので楽ちん!

エイタ

私が他サイトで使っている「JIN」や「AFFINGER6」にはない機能

ブロックエディターを直感的に操作できる

SWELLはブロックエディター「Gutenberg(グーテンベルグ)」に完全対応しています。

ブロックエディターとは、WordPressの記事編集に用いられるエディターのこと。

SWELLのブロックエディター
ブロックエディターの機能の一部

ブロックエディターでは文章や画像、テーブルなどをブロック単位で管理。

ブロックを選択し配置していくだけなので、直感的に操作できます。

「むずかしそう…」と思われるかもしれませんがご安心を。

20〜30分も触っていれば慣れますよ!

エイタ

Gutenberg(グーテンベルグ)に完全対応しているテーマは少ない

他テーマからの移行もかんたん

SWELLには乗り換えサポートプラグインが用意されているため、他テーマからの移行もかんたんでした。

「乗り換えサポートプラグイン」を使えば、移行時のデザイン崩れを最小限におさえられます。

乗り換えサポートプラグイン対応テーマ
  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • THE THOR

デメリットは「乗り換えサポートプラグイン」使用中は動作がやや重くこと、リライトが必要なことの2点。

私はAFFINGER6からSWELLに移行した際、150記事を20日(1日5時間作業)でリライトしました。

正直、大変ですが移行後はサイトの表示速度も上がり、順位も全体的に上がったため満足しています。

移行についてはこちら

SWELLのデメリット

SWELLのデメリットは4つ。

  • 価格が高い
  • 多機能すぎる
  • 他のブログとデザインが被る
  • クラシックエディターは推奨されていない

価格が高い

SWELLの価格は17,600円(税込)。

初めて有料テーマを購入する人は「高っか」と思われるかもしれません。

主なブログサービスの価格と比較

しかし他テーマと比べると、SWELLの価格は平均よりすこし上くらい。

これから多くのメリットを考えると、決して高くないはずです。

SWELLを安く買う方法はこちら

多機能すぎる

SWELLは多機能なため覚える項目が多く、慣れるまで操作にストレスを感じるでしょう。

ブログ初心者に限らず、他テーマから移行したベテランブロガーも同様です。

とはいえ、それも最初だけ。

1ヶ月もすれば操作にも慣れ、快適に記事作成できますよ!

他のブログとデザインが被る

「WP-Search」の2023年度のWordPressテーマ人気シェアランキングによると、SWELLは1位。

つまり、他ブログとデザインが被る可能性は一番高いです。

エイタ

そうは言っても、SWELLはカスタマイズ性も高いのでオリジナリティを出しやすい

クラシックエディターは推奨されていない

SWELLはクラシックエディターは推奨されていません。

ブロックエディターの利用が推奨されています。

というのも、SWELLはブロックエディターに特化しているから。

SWELLの機能やカスタマイズ性を最大限活かすなら、ブロックエディター一択です。

クラシックエディターも利用可能

記事の執筆中「ここはクラシックエディターを使いたい」という人は、『クラシックブロック』をご利用ください。

クラシックブロック

SWELLの標準ブロックなので、執筆中いつでも利用可能です。

デメリット詳細はこちら

SWELLのメリット

SWELLのメリットです。

  • ブロックエディターに完全対応
  • SWELLの独自ブロック
  • かんたんカスタマイズ
  • シンプルで美しいデザイン
  • 最小限のプラグインでOK
  • 内部SEO対策済み
  • 表示速度が速い
  • 厳選されたウィジェット
  • 広告設置・管理しやすい
  • 複数サイトで使用可能
  • フォーラムでお悩み解決
  • アップデートの頻度が高い
  • WordPressテーマの乗り換えがラクラク

ブロックエディターに完全対応

SWELLはブロックエディターに完全対応しており、バツグンの書き心地です。

SWELLをレビュー!評判の高さ・ネット上の口コミはほんと?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェア!
  • URLをコピーしました!
目次